モノづくりの街・荒川区の地域情報サイト

グルメ

【荒川区三河島】荒川グルメ探訪|都内最古のコリアンマーケット「丸萬商店」

荒川区民に「荒川グルメといえば?」と尋ねると、多くの人が「もんじゃ焼き」と答えます。
荒川区はもんじゃ発祥の地ですよ、と区民は聞かされて育つのですが、都内に住む多くの人は「もんじゃ焼きと言えば月島(東京都中央区)」と思っていることでしょう。発祥であろうがなかろうが、荒川区のもんじゃは美味しい。下町の雰囲気も含めてもやはり一番美味しいのです。食の楽しみ方はひとぞれぞれ。特別な何かは無いけれど、ちょっと個性的だったり、変わっていたり、ほっとひと息つける場所。そんなモノづくりの街・荒川を支えるグルメを探訪してご紹介していくコーナー、それが「荒川グルメ探訪」です。

都内最古!昔ながらの韓国食材店

JR常磐線三河島駅から徒歩2分、JR山手線日暮里駅から徒歩15分の場所に位置する「丸萬商店」は、創業から70年以上続く老舗の韓国食材店。表通りを一本入った目立たない場所にもかかわらず、常に客足が途絶えることのない人気ぶりです。周辺一帯は、朝鮮学校や多くの韓国料理店が存在する「三河島コリアンタウン」。若者でにぎわう新大久保に比べて歴史も古く、昔ながらの韓国の雰囲気が味わえるとして注目を集めています。


幼少期の写真を手に、丸萬商店の歴史を語る高田社長。

1951(昭和26)年創業の丸萬商店。その歴史は、済州(チェジュ)島出身の先代がこの地に移住してきたことに遡ります。多くの在日韓国人が生活しているにもかかわらず、韓国食材を扱うお店がほとんどなかった三河島。現社長のご両親が、知人や親戚に背中を押される形で食材店を開業することとなったのがはじまりです。開店当初は、トタン板の上で唐辛子などの乾物を販売。1988(昭和63)年に開催されたソウルオリンピックを機に国内での韓国ブームが到来し、キムチの製造などで徐々に事業を拡大していったそうです。現在ではお客さんの大半が日本人。都内最古のコリアンマーケットとして、数多くのメディアでも取り上げられています。取り扱う商品は、主に自家製キムチをはじめとした韓国食材全般と焼肉用の食肉。店内の冷蔵庫にはチョングッチャン(納豆味噌)や韓国カボチャなどといった日本では珍しい品々も並びます。

目移り必至!多種多彩なキムチ

丸萬商店主力の商品は、お店で丹精込めて作られる色とりどりのキムチ。期間限定のものを含めて約50種ほどのキムチが販売されています。ショーケースの中には、樽に入った量り売りのキムチがズラリ!カクテキやチャンジャなど日本でもお馴染みのものから、エゴマや季節限定のチョンガキムチ(韓国のミニ大根)などといった珍しいものまで。豊富な品揃えについつい目移りしてしまいます。


白菜キムチ ¥129(税込)/100g

お店で販売しているキムチのほとんどが、樽からの量り売りスタイル。カウンターに置かれたメニューを見ながら希望の品を伝えると、お好みの量を手際よく包装してくれます。一番人気の商品は、濃厚なタレでしっかりと漬け込まれた「白菜キムチ」。惜しみなく揉みこまれたヤンニョンには、辛みだけでなくしっかりとしたうま味が凝縮されています。日本人の舌にもあうように計算しつくされた味わいで、日を追うごとに変化する風味も楽しめますよ。「丸萬のキムチを一度食べたら他のキムチは食べられない!」といった声も多数寄せられています。購入した商品はご希望に応じて中の見えない防臭袋に入れてくれるので、電車での帰り道でも安心です。(別途料金がかかります。)

 
ミックス水キムチ ¥648(税込)/1袋300g

白菜キムチと並ぶ人気商品が、袋詰めされた「水キムチ」。比較的あっさりとした味わいであるため、キムチ特有の辛さが苦手という方にもおすすめです。日本のお漬物のイメージにも近いですが、見た目よりもガツンとにんにくの風味が効いているのが特徴。具材は白菜と人参、彩りとして三つ葉がミックスされています。あえて皮をむかずに投入されたリンゴが全体に爽やかさをプラス。水キムチの汁は、冷麺などに入れても美味しく活用できますよ!


ヤンニョンケジャン ¥378(税込)/100g

生のワタリガニを自家製のタレで漬け込んだ「ヤンニョンケジャン」は、冬季限定の人気商品。一般的には醤油味のカンジャンケジャンが有名ですが、丸萬商店が取り扱うのは唐辛子ベースの自家製ダレを用いたもの。漬け込むことでカニ本来の旨味が凝縮し、プリプリとした食感が際立ちます。一度食べたら病みつきになること間違いなし!お酒のおつまみにもぴったりの一品です。

お店の心臓部分とも言えるのが、たくさんの漬物樽が並ぶキムチ加工場。現社長のお母さまによる秘伝のレシピをもとに、早い日は夜中の3時頃からキムチ作りが行われています。4人体制で月に7トンものキムチを製造する丸萬商店。大きな冷蔵庫にかかる高額の電気代が大きな悩みの種なのだそう。物価高騰のあおりを受けつつも、商品の値上げは最小限に。安くて美味しいキムチの裏には、涙ぐましい企業努力があったのです。

希少な部位も!豊富なお肉のラインナップ


国内外の食肉を扱い、解体・加工から調理までの全てを行う丸萬商店。カルビや牛タンなど焼肉でお馴染みのお肉から、スープの出汁に欠かせない牛テールまで幅広い種類のお肉が揃います。飲食店や有名ホテルへの卸売りや地方発送にも対応。暖かくなるとバーベキューの材料を仕入れにくるお客さんも多いのだそうですよ。豚足や臓物など、スーパーでは買うことのできないような希少な部位のお肉もたくさん!ご希望のお肉がある方は、事前にお店に問い合わせることをおすすめします。

毎朝大きな肉の塊をゆで上げる大きな釜は、27年ぶりに買い換えたばかりのもの。注文してから出来上がるまでに約4か月もの時間を費やしたという、こだわりの特注釜です。


ポッサム ¥248(税込)/100g

毎日午前10時前に大きな釜で茹で上がる「ポッサム(煮豚)」は、丸萬商店の看板商品。豚の皮付きバラ肉を使用した人気のメニューですが、茹でることで余分な脂が落ちるため焼肉「サムギョプサル」よりもヘルシーであるとして人気です。キムチや酢味噌をのせサンチュで巻くのが定番の食べ方。コラーゲンたっぷりの皮付き肉を使用するのは、先代の故郷である済州島発祥のスタイルです。

売り切れ御免!本場の韓国料理


赤い扉の奥は、おいしい韓国惣菜が作られる作業場。店頭には小分けにされた出来立ての韓国惣菜が並びます。チヂミなどの定番料理は人気が高いため早い者勝ち!牛タン煮や豚キムチなど食卓の主役から、青唐辛子やにんにくの味噌漬けなどといった副菜までが幅広く揃います。ワカメやタケノコなど、旬の食材を使用したお惣菜も期間限定で登場。いずれの原料も産地や品質にこだわったものばかりで、社長をはじめとしたスタッフの目利きがお店の味に直結しています。


丸萬冷麺 ¥140(税込)冷麺スープ ¥140(税込)※画像はあくまでもイメージです。

気軽に挑戦できる韓国食材が揃うのも丸萬商店の魅力。中でもおすすめは、一人前ずつ袋詰めにされたオリジナル冷麺と特製スープです。小麦粉とそば粉を用いて韓国で製造された冷麺は、歯ごたえもよくさっぱりとした味わい。作り方も麺を1分茹でるのみ、と簡単です。野菜エキスたっぷりのスープを注いだら、キムチやポッサムなどお好きな具材を盛り付けて。一杯あたりのお値段はなんと300円以下!お手頃価格で本格冷麺が楽しめます。

韓国風のお祝い料理はいかが?


店頭では、アカスリタオルや工芸品などのアイテムも販売。韓国を訪れたかのような気分でショッピングが楽しめます。
日本でいうおせちのようなお祝い料理も希望に応じてオーダー可。(要事前予約)
長寿祝いや結婚式にはもちろん、韓国風のパーティーを開催したい!といった方にもおすすめです。
丸萬商店ホームページ

キラキラの韓国コスメやSNS映えカフェこそないものの、生活に密着したディープな韓国文化を味わえることが丸萬商店を中心とした三河島コリアンタウンの魅力。
お店公式のインスタグラムでは、お店の新商品や周辺のグルメ情報も発信しています。
ぜひチェックしてみてくださいね!
丸萬商店インスタグラム

丸萬商店
営業時間:09:00〜18:00 (日祝〜17:00)
定休日:年中無休(年始を除く)
TEL:03-3801-1039
住所:東京都荒川区西日暮里1丁目4-22
ホームページ:https://www.k-maruman.co.jp/


モノづくりの街・荒川の地域情報サイト「荒川探訪」では、荒川区の気になる情報をご紹介しています。
もし、荒川区の耳寄り情報や皆さんのオススメのお店などご推薦がありましたら、ぜひお気軽に荒川探訪編集部まで情報をお寄せください。もちろん、自分のお店を取材して欲しい、話を聞いて欲しいというご依頼も大歓迎です!
荒川探訪への情報提供・掲載依頼はお問い合わせフォームからお願いします。
これまでに取材したお店などのスポットは荒川探訪マップにまとめています。付近の散策や荒川探訪ルートを考えたりするのにぜひご活用ください。

荒川探訪のSNSもチェック!
各種SNSの「荒川探訪」アカウントへの投稿、コメント欄への書き込みでもOKです。
Facebook:https://www.facebook.com/ara.tanbou
Instagram:https://www.instagram.com/arakawa.news
Twitter:https://twitter.com/arakawanews

Instagram

荒川区西尾久にある蒟蒻・白滝・寒天・餡蜜のお店「山内商店」

昭和24年創業から、75年のも歴史を誇る山内商店。

昔ながらの製法で作られる手作り蒟蒻、ところてん、バラエティ豊かなあんみつなど、基本テイクアウトですが、店頭には気軽に利用できるベンチも設置してあります!

詳しくは、https://arakawa.news(当アカウントのプロフィールリンク)よりご覧ください。

———————————————————————————

👣モノづくりの街・荒川区の地域情報サイト
「荒川探訪 by ara!kawa」👣

私たちが愛する荒川区を魅力的なコンテンツとして多くの人に紹介するために生まれた地域情報サイトです。
区内に多く存在する町工場やそのモノづくりの技術、商品、地域密着グルメやカルチャーなどを幅広くご紹介していきます。

#arakawaii #arakawatanbou #arakawanews #荒川探訪 #荒川区 #観光 #グルメ #さんぽ #情報 #西尾久 #荒川区グルメ#下町 #あんみつ #ところてん #食べ歩き #下町グルメ #こんにゃく #ヘルシースイーツ
...

23 1

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP