モノづくりの街・荒川区の地域情報サイト

2022年度 ara!kawa認定商品の募集を開始しました

グルメ

【荒川区日暮里】
荒川グルメ探訪|気分はマハラジャ!異国情緒が味わえる!紅茶&インド料理専門店「ダージリン」

荒川区民に「荒川グルメといえば?」と尋ねると、多くの人が「もんじゃ焼き」と答えます。
荒川区はもんじゃ発祥の地ですよ、と区民は聞かされて育つのですが、都内に住む多くの人は「もんじゃ焼きと言えば月島(東京都中央区)」と思っていることでしょう。発祥であろうがなかろうが、荒川区のもんじゃは美味しい。下町の雰囲気も含めてもやはり一番美味しいのです。食の楽しみ方はひとぞれぞれ。特別な何かは無いけれど、ちょっと個性的だったり、変わっていたり、ほっとひといき着ける場所。そんなモノづくりの街・荒川を支えるグルメを探訪してご紹介していくコーナー、それが「荒川グルメ探訪」です。

ダージリン

今回は、日暮里駅西口から徒歩約3分の場所にある「ダージリン」をご紹介します。
実はこのダージリン 、「空間が素敵という話を友人から聞いた」、「紅茶の種類が豊富でとっても美味しい」など、編集部でも何度か話題に上がるほど注目していました!
取材をするにあたりダージリンについて調べてみたところ、インド人シェフが作る本格インド料理と、オーナーこだわりの紅茶を味わえる”紅茶専門店”であることがわかりました。料理も紅茶も全て美味しく味わうため、取材当日は空腹の状態でお店へと向かいました!

店内に入るとエキゾチックな紋様のタイルやファブリック、絵画やアンティーク家具が所狭しと並び、空間のどこを切り取っても異国を感じさせてくれます。
目線をキョロキョロさせて何枚も写真を撮ってしまいました。笑


煌びやかなブレードと至る所に鎮座している工芸品

店内のあらゆる箇所に配置されているアンティーク家具

席に着き、手渡されたメニューをみてびっくり。メニューまでこんなに煌びやか!
キラキラと輝くブレードをフレーム状にあしらっています。異国情緒漂う店内に圧倒されて忘れていましたが、ここは荒川区日暮里。もしかしてこの装飾は日暮里繊維街で買ったものを使ってるのかもしれない…など思ってみたり。
某魔法学校に出てきそうな素敵なメニューに思わずパシャリ。


キラキラと輝くブレードが美しいメニュー表

テーブルに置かれている食器もお洒落で、提供される料理に期待が膨らみます!
そして、その食器の横には、ハンディファンが人数分置かれていたことに驚きました。笑
この日は生憎の雨で、とても蒸し暑い日だったので、お店の方の細やかな心遣いはとても印象に残りました。


煌びやかな食器とハンディファン

カリーだけでも全18種!絶品・本格インド料理

インド料理と聞いてまず思い浮かべるのはやはりカリー。なんと、ダージリンでは、全18種類ものカリーが味わえます。チキンやマトン、シーフードにベジタブル…スパイスの違いや、何を主役とさせるかで数えきれないほどのバリエーションが生まれるのが“インドカリー“です。最近はレトルトでも楽しめますが、せっかく本格的なインド料理店を訪れたのなら、食べたことのない味を試してみたい!
今回は贅沢に、ダージリンおすすめと編集部4名の気になったもの、合計4種のカリーと、ナン2種注文。喉も乾いていたのでドリンクも1人ひとつづつ注文しました♪

注文してからまず運ばれてきたのは、ペッパーがピリっと効いた「パパド」と呼ばれるもの。
パパドとは豆の粉を使った極薄のおせんべいで、軽い食感が特徴。本場インドでも前菜として提供されることが多いのだとか。


ピリ辛でパリッとした食感が癖になるパパド

パパドを食べている間に、注文していたドリンクも運ばれてきました!
注文したのはマサラワインとマサラチャイ、アイスティー、マンゴーラッシーです。中でもマサラワインは、赤ワインに蜂蜜と7種のスパイスで漬け込んだリンゴが入ったワインです。サングリアのような味わいで、うっとりするような空間の中、個性的なグラスに注がれる一杯。これだけのためにもう一度お店に来たくなるぐらい美味しいワインでした♪


個性的なグラスに注がれるマサラワイン

ちなみに、ウーロン茶を注文しようとしたら店員さんに「それはどこでも飲めるからアイスティーの方が良い」と言われて頼んだアイスティー、美味しかったです。
さすが紅茶専門店。

食欲をそそる4種類のカリー!

スパイスの効いた香ばしい香りを漂わせながら、全18種類の中から選んだ4種類のカリーが運ばれてきました♪
綺麗に並べられた料理は心なしか輝いているように見える!空腹感もMAXにッ!
いざ、実食!


手前から、
ムルグマッカニカリー¥1,350(税込)
サーグコフタ ¥1,200(税込)
チーズコフタ ¥1,150(税込)
プラウン サヒ ¥1,200(税込)

ムルグマッカニカリー ¥1,350(税込)

ムルグマッカニカリーは別名バターチキンと呼ばれていて、ダージリンのおすすめカリーNo.1に選ばれています!

トマトベースのクリーミーなカリーにタンドリーチキンがゴロッと入っていて満足度大!注文したカリーの中でも一番親しみがある味わいで、編集部でも好評でした✨

サーグコフタ ¥1,200(税込)

サーグコフタはほうれん草をたっぷりと使いペースト状にしたカリーです。日本の料理ではあまり見かけない濃い緑色をしていて、ほうれん草の味が強いのかな?と思いきや、ほんのりと甘くしっとりとした舌触り。カリーというより、パンにつけるバターソースに近いなという感想を持ちました。これはナンによく合う。美味しいぞ。
サーグコフタには野菜コロッケが入っていて、一見すると小さめの揚げパンのようにも見えます。カリーと一緒に食べると、ホロホロとしたコロッケの柔らかさと相性抜群!何個も食べたくなる美味しさでした♪

チーズコフタ ¥1,150(税込)

チーズコフタはダージリンおすすめカリーNo.2。ココナッツミルクがベースとなっているこのカレーは全体的に白っぽくクリーミな印象です。メニューにも「辛いのが苦手な女性に大人気!」との紹介があった通り、辛さはなくとってもまろやか。真ん中に浮かぶ楕円型の赤いものがチーズの揚げ団子らしく、クセのない不思議な味わいはカッテージチーズのよう。もっちりとした食感がとても印象的で、女性に人気というのも頷けるカリーでした。

プラウン サヒ ¥1,200(税込)

プラウン サヒもココナッツミルクがベースのカリーで、こちらにはぷりっとした海老が入っています。ほんのり甘くて食べやすい味は小さいお子様と来られた方や、辛さが苦手な方にも全力でお勧めできる逸品。
あとで調べてわかったのですが、「プラウン」はエビのこと。「サヒ」は“豪華・高級な“という意味があるそうです。つまり豪華なエビカリー!

カレーを一口ずつ食べたところで、熱々のチーズナンとナンもいただいちゃいます!

チーズナン ¥800(税込)


カラフルで熱々なチーズナン

想像以上に大きかった熱々のチーズナンは割ってから食べなさい。と、インド人の店員さんから教えてもらい、大胆に真ん中からカット!


トロトロにとろけたチーズがたまらない

熱々の湯気と一緒に香ばしいチーズの香りが広がって、口元のにやけが止まりませんでした。笑
中が空洞になっていて、まるで蒸しケーキ!生地も厚みがあり、食べ応え抜群!底はカリッと香ばしく、カリーと一緒に食べる手が止まらない美味しさで衝撃を受けました。サイズは結構大きめだったので、2人以上でシェアして食べるのがおすすめです♪

通常のナンは、ふわふわモチモチの食感に4種類のカリーと良く合います!
こちらもぜひ注文してみてください♪

食後にはお店自慢のダージリンを…


煌びやかで装飾が美しいティーセット

ダージリンは世界的な紅茶の名産地を店名に冠するだけあって、紅茶にも非常に力を入れているそうです。
紅茶としての「ダージリン」は一種類ではなく、収穫時期や茶葉のサイズや外観によってさまざまな種類があり、味わいも異なります。
ダージリンは美味しいカリーだけでなく、豊富で奥深いダージリン(紅茶)の世界を楽しむことができるお店でもあるのです。

そして、紅茶を楽しんでみたいけれどあんまり紅茶の知識が無いので何を選べば良いのかわからない、という方も安心してください。
ダージリンでは予約してご来店されたお客様になんと無料で紅茶を提供してくれるサービスが。

今回予約して訪問した編集部に提供してくださったのは、ダージリンの「ファーストフラッシュ」。
3〜4月に収穫される茶葉で、爽快な渋みとフレッシュな味わいが魅力な茶葉とのこと。
メニューでは950円と表記されていました。
これを無料で。なんという太っ腹。

紅茶が到着すると「あと30秒したら飲んで!」と店員さんのアドバイス。
ダージリンの蒸らし時間は2~3分ほどが飲み頃なんだとか。
言われた通りに30秒待って、ティーストレーナーを使ってこした熱々の紅茶を一口飲むと、華やかな香りがふわっと鼻を抜けていきます。
ダージリンが「紅茶界のシャンパン」と言われるのも納得しました。
時間がたつと渋みが出てくるので、ミルクを追加。渋みとミルクのまろやかさで、さらに美味しい味わいに。
店員さんが丁寧に紅茶の種類や飲み方を説明してくれるので、気軽に本格紅茶を楽しめるのが良いですね。

本格カリーを味わったあとの食後の楽しみに、ぜひ本格紅茶も楽しんでみてください。

ダージリン 日暮里店 
営業時間:
11:00〜23:00(L.O.22:30)
※週末は混雑に伴い、お待ちいただく事もございますので、あらかじめご了承下さい。
定休日:年中無休
電話番号:03-5685-0267
Facebook:https://onl.la/sahDAcZ
HP:http://www.darjeelingtokyo.vt-360.com/
住所:東京都荒川区西日暮里3-10-3 2F


モノづくりの街・荒川の地域情報サイト「荒川探訪」では、荒川区の気になる情報をご紹介しています。
もし、荒川区の耳寄り情報や皆さんのオススメのお店などご推薦がありましたら、ぜひお気軽に荒川探訪編集部まで情報をお寄せください。もちろん、自分のお店を取材して欲しい、話を聞いて欲しいというご依頼も大歓迎です!
荒川探訪への情報提供・掲載依頼はお問い合わせフォームからお願いします。
これまでに取材したお店などのスポットは荒川探訪マップにまとめています。付近の散策や荒川探訪ルートを考えたりするのにぜひご活用ください。

荒川探訪のSNSもチェック!
各種SNSの「荒川探訪」アカウントへの投稿、コメント欄への書き込みでもOKです。
Facebook:https://www.facebook.com/ara.tanbou
Instagram:https://www.instagram.com/arakawa.news
Twitter:https://twitter.com/arakawanews

Instagram

荒川区内で見つけた〝かわいい〟をお届けする、「あらかわいい写真」📷

お昼ご飯を買いに行く途中、熱い視線を感じました🐈
しっかりカメラ目線!

記事もぜひご覧ください🤍
https://arakawa.news/arakawaii-4/

#arakawaii #arakawatanbou #arakawanews #荒川探訪 #荒川区 #観光 #グルメ #さんぽ #情報 #あらかわいい #ねこ #ねこすたぐらむ #猫 #にゃんこ #町屋
...

【ファッション・手芸・モノづくりの街「日暮里繊維街」】

今回は、ハンドメイドやファッションがお好きな方以外にも、私たちのような、ふらっと観光目的で訪れる日暮里繊維街”初心者”も楽しめる、おすすめのお店をご紹介しています!

詳しくはこちらの記事をご覧ください👗
https://arakawa.news/nippori-senigai/

今後こちらでも、取材させていただいたお店の写真なども更新していきますのでチェックしてくださいね✨

#arakawaii #arakawatanbou #arakawanews #荒川探訪 #荒川区 #観光 #グルメ #さんぽ #情報 #にっぽり繊維街 #日暮里繊維街 #斎藤商店 #ontravelling #humongous #eandsonfabric #ファッション #手芸 #ハンドメイド
...

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP