モノづくりの街・荒川区の地域情報サイト

2022年度 ara!kawa認定商品の募集を開始しました

観光

4/21リニューアル!「あらかわ遊園」レポート~第1弾~|リニューアルの特徴

令和4年4月21日にリニューアルオープンした「あらかわ遊園」に私たち荒川探訪編集部が行ってきました!
今回は特別にオープン前に見学、取材することができました。そこでわかった新生あらかわ遊園の魅力を、全3回にわたってレポートしていきます。
第1弾は、あらかわ遊園がどのようにリニューアルしたのか特徴を紹介します。


都内唯一の区立遊園地として愛されてきた「あらかわ遊園」は、平成30年12月から3年4ヶ月の改修期間を経てこの春30年ぶりにリニューアルオープンしました!元々は小さいお子様がいるファミリー向けの遊園地でしたが、より幅広い年代の方が楽しむことができる場所に生まれ変わっていました。
それでは、早速リニューアルの特徴をご紹介していきます!

POINT1 大型アトラクションが一新!

観覧車が大きくなりました!
リニューアル前は26mだった直径がなんと40mに。新しくなった観覧車から見える東京の景色は絶景そのもの。今回は見えませんでしたが、天気がいい日には富士山も見えるのだとか。そして、全部で28台のゴンドラの中に4台だけ足元が透けて見えるスケルトンゴンドラがあります。スケルトンゴンドラに乗れば、普通よりもちょっぴりスリリングな体験が!ゴンドラを選ぶことはできないので乗れた方はラッキーです♪


直径40mの新しい観覧車

スカイツリーも見えます!

スケルトンゴンドラはちょっぴりスリリング

遊園地といえば、やっぱりメリーゴーランドですよね!新しくなったメリーゴーランドには、馬だけではなくイルカやパンダ、恐竜も!いろいろな動物がいるメリーゴーランドは全種類制覇を目指して何度でも乗りたくなります。


動物たちが勢揃い!新しくなったメリーゴーランド♪

緑の恐竜は大人気になる予感・・・!

屋外で楽しむアトラクションだけでなく、雨の日も楽しめるお子様向けの室内遊び場「わくわくパーク」ができました。雨だと敬遠しがちな遊園地ですが、室内でも思いっきり遊べるあらかわ遊園なら雨の日に遊びに行くのもいいかも!


まるで公園のような遊具が揃ったわくわくパーク

あらかわ遊園のファンの皆さんは、きっとこれが一番気になっていたのではないでしょうか?リニューアル前から人気だった、1周約138mの日本で一番遅いコースター「ファミリーコースター」は健在です☆この日は乗ることができなかったのでまた改めて乗りに行きたいと思います!


あらかわ遊園のシンボル、笑顔がすてきな「ファミリーコースター」

 

POINT2 新しい動物が仲間入り!「どうぶつ広場」

カピバラ、ワラビーなどの新しい動物が仲間入りし約20種類の動物と出会えるどうぶつ広場では、以前よりも動物との距離が近くなりました。カピバラやヤギなど、餌をあげたりふれあうことができる動物もいて癒し効果も抜群。どうぶつ広場内に手洗い場があったり、消毒液もあるので清潔感もバッチリです!さらに、フクロウなどの猛禽類とのフォトスポットが開設!素敵な写真を撮ってみてくださいね。


小松菜を食べる新メンバーのカピバラ

フクロウと目が合いました!

石鹸も完備した水道

 

POINT3 お好みの食事やスイーツを楽しめる、飲食スペースが3店舗展開!

以前は売店のみだった飲食スペースが、お食事からソフトクリームなどのスイーツ系まで楽しめるメインのフードコート「もぐもぐハウス」、どこか懐かしいコッペパンが種類豊富に取り揃っている「コッペぱんクック」、前方を照らすライトが1個であることから「一球さん」の愛称で親しまれていた都電一球さん号の車両を改装した「カフェ193(いちきゅうさん)」の3店舗になりました。ご飯はもちろん、カフェでまったりしたりお土産を選んだりしながら過ごせるようになったので、朝から晩まで楽しめちゃいます!


都電一球さん号の車両を改装した「カフェ193(いちきゅうさん)」のまわりは駅のホームのようになっています

もぐもぐハウスでは、あらかわ遊園限定のお土産も販売されています

あら坊やファミリーコースターの荒川ドロップスはお土産に喜ばれそう!

POINT4 バリアフリー化で“誰でも利用しやすい”遊園地に!

「誰でも利用しやすい遊園地に」ということで、バリアフリートイレが5室、ベビールームが4室設置され、より安心して利用できるようになりました。また、園内は全てスロープで迂回できるようになっており、ベビーカーや車椅子の方もより移動しやすくなっています。「豆汽車」「観覧車」「メリーゴーランド」は車椅子のまま利用可能です☆


ベビールームもあるから小さなお子様連れでも安心

 

リニューアルしたあらかわ遊園の魅力は伝わったでしょうか?
紹介したポイント以外にも、釣り堀や水遊び広場など楽しめるエリアがたくさんで、訪れるたびに新しい発見がありそう♪リーズナブルで大人も子どもも楽しめる「あらかわ遊園」に是非足を運んでみてください。
次回の記事では、アトラクションやどうぶつ広場のかわいい動物たちについて、今回伝えきれなかった魅力をより詳しくレポートしていきます♪お楽しみに〜!


これからの季節にぴったりの水遊び場♪

あらかわ遊園レポート第2弾はこちら!

 

あらかわ遊園
営業時間:9:00~17:00(夜間開園日は20:00まで)
休園日:毎週火曜(火曜が祝日の場合は翌日)/年末年始(12/29~1/1)
※学校の春・夏・冬休み期間は無休
※現在入園は事前予約制となっています。「事前予約システムから」予約をしてください。
TEL:03-3893-6003
HP:https://www.city.arakawa.tokyo.jp/yuuen/
荒川区公式LINE:@arakawaku
アクセス:都電荒川線「荒川遊園地前」より徒歩3分/JR高崎線・東北本線「尾久駅」より徒歩12分
住所:荒川区西尾久6-35-11

【入園料 (フリーパス料金 )
大人:¥800 (¥1,800)
65歳以上:¥400 (¥1,400)
中学生:¥400 (¥1,000)
小学生:¥200 (¥700)
未就学児(3歳以上):無料 (¥500)
2歳以下:無料 (無料)


モノづくりの街・荒川の地域情報サイト「荒川探訪」では、荒川区の気になる情報をご紹介しています。
もし、荒川区の耳寄り情報や皆さんのオススメのお店などご推薦がありましたら、ぜひお気軽に荒川探訪編集部まで情報をお寄せください。もちろん、自分のお店を取材して欲しい、話を聞いて欲しいというご依頼も大歓迎です!
荒川探訪への情報提供・掲載依頼はお問い合わせフォームからお願いします。
これまでに取材したお店などのスポットは荒川探訪マップにまとめています。付近の散策や荒川探訪ルートを考えたりするのにぜひご活用ください。

荒川探訪のSNSもチェック!
各種SNSの「荒川探訪」アカウントへの投稿、コメント欄への書き込みでもOKです。
Facebook:https://www.facebook.com/ara.tanbou
Instagram:https://www.instagram.com/arakawa.news
Twitter:https://twitter.com/arakawanews

Instagram

【ファッション・手芸・モノづくりの街「日暮里繊維街」】

今回は、ハンドメイドやファッションがお好きな方以外にも、私たちのような、ふらっと観光目的で訪れる日暮里繊維街”初心者”も楽しめる、おすすめのお店をご紹介しています!

詳しくはこちらの記事をご覧ください👗
https://arakawa.news/nippori-senigai/

今後こちらでも、取材させていただいたお店の写真なども更新していきますのでチェックしてくださいね✨

#arakawaii #arakawatanbou #arakawanews #荒川探訪 #荒川区 #観光 #グルメ #さんぽ #情報 #にっぽり繊維街 #日暮里繊維街 #斎藤商店 #ontravelling #humongous #eandsonfabric #ファッション #手芸 #ハンドメイド
...

荒川区内で見つけた〝かわいい〟をお届けする、「あらかわいい写真」も更新しています📷

とんかつと酒鍋のお店「どん平」へ取材で伺った帰り道に発見したサトちゃんムーバー!!

記事もぜひご覧ください🤍
https://arakawa.news/arakawaii-3

#arakawaii #arakawatanbou #arakawanews #荒川探訪 #荒川区 #西尾久 #宮ノ前駅 #都電 #都電荒川線 #どん平#東京さくらトラム #観光 #グルメ #さんぽ #情報 #あらかわいい #サトちゃん #サトちゃんムーバー
...

今日も取材でふらっとにっぽりに来ました✨

#ふらっとにっぽり大階段アート 
#日暮里繊維街
...

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP