モノづくりの街・荒川区の地域情報サイト

グルメ

【荒川区荒川】
荒川グルメ探訪|皮から餡まで全て手作り!包子専門店「肉まん研究所」

荒川区民に「荒川グルメといえば?」と尋ねると、多くの人が「もんじゃ焼き」と答えます。
荒川区はもんじゃ発祥の地ですよ、と区民は聞かされて育つのですが、都内に住む多くの人は「もんじゃ焼きと言えば月島(東京都中央区)」と思っていることでしょう。発祥であろうがなかろうが、荒川区のもんじゃは美味しい。下町の雰囲気も含めてもやはり一番美味しいのです。食の楽しみ方はひとぞれぞれ。特別な何かは無いけれど、ちょっと個性的だったり、変わっていたり、ほっとひと息つける場所。そんなモノづくりの街・荒川を支えるグルメを探訪してご紹介していくコーナー、それが「荒川グルメ探訪」です。

肉まん研究所

JR常磐線三河島駅から徒歩3分。
昭和の佇まいを残す荒川仲町商店街から少し入ったところに「肉まん研究所」はあります。

ヒラヒラと揺れる赤と黄色ののぼりが目立つこちらのお店では、特級点心師の資格を持つ料理人のもとで修行した店主さんが、皮から餡まで全て手作りの包子(中華まん)を販売しています。

今回伺った「肉まん研究所 三河島店」はテイクアウト専門のお店となっていて、熱々ホカホカの出来立て商品から冷凍保存された商品まで購入可能!販売している全ての商品は作り置きせず、毎日売り切りで販売しているそうです。

そのため、人気の商品は売り切れになってしまうなんてことも…!
事前に電話連絡をするか、肉まん研究所のLINEアカウントをフォローして、商品の取り置きをお願いしておくと安心です♪


熱々ホカホカの包子が沢山並んでいました。

今回私たちは、肉まん研究所おすすめの包子を6種類と肉団子、肉餃子、ルーロー飯を購入しました!

食感が特徴的!定番人気の「豚まん」

ほんのり甘味のあるもちもちとした皮を頬張ると、じゅわっと広がる豚肉の旨味。餡には豚肉の他、細かく刻まれたレンコンがシャキシャキと良いアクセントになっています!食べ応えも軽いのでおやつ感覚で食べてしまいたくなること間違いなし。


豚まん ¥180(税込)

肉まん研究所オリジナルメニュー!「チーズ麻婆まん」

肉まん研究所の自家製豆板醤と花椒で作る本格四川麻婆を使った「チーズ麻婆まん」。花椒は痺れる辛さが特徴のスパイスですが、チーズと一緒に包んだことで、ほどよいまろやかさになっています。辛いものが苦手な方や小さいお子さんにも食べてもらえるよう、辛さを調節しているのだとか。


チーズ麻婆まん ¥210(税込)

口いっぱいに広がる香りが食欲をそそる「四川味噌肉まん」

四川省の代表的な肉まん「醤肉包(ジャンローパオ)」をアレンジした一品で、そぼろのようなホロホロとした豚肉と細かく刻まれたタケノコがピリッとした甘辛の味噌と絡まり、ほんのり甘い皮と相性抜群!
口いっぱいに広がる香りで、ひと口食べて、またひと口…とやみつきになります。


四川味噌肉まん ¥190(税込)

女性からの人気No1!「キノコまん」

お肉を使わず生椎茸とエリンギのみを使用したとってもシンプルな餡ですが、一口食べるとキノコの旨みと香りが口いっぱいに広がります。女性のお客様にも人気の商品らしく、リピート率が高いのも頷けます。


キノコまん ¥180(税込)

デザートはこれで決まり♪「さつまいもまん」

「当店のスイーツまんは、あんまんではなくこのさつまいもまんです。」と公式サイトで書かれるほど、隠れファンの多いこちらの包子は、さつまいもの甘露煮を作る際にカツオ出汁を加えることでコクを引き出しているんだとか。口当たりのいいまろやかな甘みが印象的でした!


さつまいもまん ¥180(税込)

期間限定の新作中華まん「枝豆まん」

肉まん研究所は、常に商品開発を行っており、実店舗では2週間に1度、期間限定の新作中華まんを販売しています。取材した際、販売されていた新作中華まんは「枝豆まん」。肉感をしっかり感じられる豚肉の中に、沢山枝豆が入っていて、一口食べると口の中でじゅわっとした豚肉の旨味と枝豆の風味が広がりました!


枝豆まん ¥250(税込)

ひとくちサイズのもちもち「もち米肉団子」

シャキシャキとしたレンコンの食感と豚肉の旨味をもち米で閉じ込めたもち米肉団子は、ひとくちサイズの食べやすさも相まって、ペロリと食べ終わってしまいました。小腹が空いた時に食べたくなる一品です。


肉団子6個入り ¥500(税込)

肉肉しさがたまらない「肉餃子」

豚まんの具材をベースに、ニラとキャベツ、漢源花椒油(花椒を使った香味油)を加えた餡をもちもちした皮で包んで焼いた餃子は食べ応え抜群!
白米と一緒に口に含めば幸福感でいっぱいになります。


肉餃子5個入り ¥500(税込)

食べ応え抜群!ボリュームたっぷり「ルーロー飯」

柔らかくて甘みのあるお肉がご飯の上にたっぷりと盛られていて、一緒に食べると口の中に八角の味と香りが広がります。私が今まで食べてきたルーロー飯は少し脂っこいものが多く、沢山食べられるといった印象はなかったのですが、肉まん研究所のルーロー飯は、油っこさがほとんどなく、パクパクと食べ続けられます。お肉と一緒に添えてあるほうれん草や大根と一緒に食べると、さらにすっきりとした味わいに!トッピングで購入した温泉卵と一緒に食べるとまろやかさがプラスされてとっても美味しかったです♪


ルーロー飯 ¥650(税込)(温泉卵は50円でトッピングできます)

肉まん研究所は2022年に2号店をオープン!

私たちが取材した三河島店は、2020年にオープンした1号店なのですが、最近、埼玉県草加市に2号店がオープンしました✨
三河島店はテイクアウト専門店ですが、草加店はイートインが可能とのこと。できたての肉まんを店内ですぐ食べてみたいという方は、ぜひ草加店にも足を運んでみてください♪
「どちらのお店も遠くて、なかなか行く機会がない。」という方は、肉まん研究所のLINEアカウントをフォローすると簡単に配達のご注文が可能です。もちろん公式サイトからのご注文も可能ですので、ぜひお問い合わせしてみてください!(注文後、1週間前後で商品を発送してくださるそうです。)

肉まん研究所 三河島店
営業時間:
10:00~20:00
定休日:月曜日
※月曜祝日の場合は次の平日をお休みします。
電話番号:070-8456-2956
Instagram:@baozi_lab
Twitter:@baozi_lab
LINE:https://page.line.me/849zrdex
HP:https://baozi-lab.stores.jp/
住所:東京都荒川区荒川3-46-11

肉まん研究所 草加店
営業時間:
平日 8:00~19:00
土日 9:00~19:00
定休日:月曜日
※月曜祝日の場合は次の平日をお休みします。
電話番号:070-8455-8456
Instagram:@baozi_lab
Twitter:@baozi_lab
HP:https://baozi-lab.stores.jp/
住所:埼玉県草加市氷川町37-20


モノづくりの街・荒川の地域情報サイト「荒川探訪」では、荒川区の気になる情報をご紹介しています。
もし、荒川区の耳寄り情報や皆さんのオススメのお店などご推薦がありましたら、ぜひお気軽に荒川探訪編集部まで情報をお寄せください。もちろん、自分のお店を取材して欲しい、話を聞いて欲しいというご依頼も大歓迎です!
荒川探訪への情報提供・掲載依頼はお問い合わせフォームからお願いします。
これまでに取材したお店などのスポットは荒川探訪マップにまとめています。付近の散策や荒川探訪ルートを考えたりするのにぜひご活用ください。

荒川探訪のSNSもチェック!
各種SNSの「荒川探訪」アカウントへの投稿、コメント欄への書き込みでもOKです。
Facebook:https://www.facebook.com/ara.tanbou
Instagram:https://www.instagram.com/arakawa.news
Twitter:https://twitter.com/arakawanews

Instagram

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP